混迷するお受験業界


あびる優が芸能活動自粛に追い込まれました。

たまたまその原因となったNTVの「カミングダウト」を僕は見ていたのす。
その番組で彼女は、

「万引きをした」ことをカミングアウトしました。

所属する芸能事務所はホリプロ。立派な東証一部上場企業であり、
当然即、自粛を決定。
本来であれば、自粛でなく即契約打ち切りが筋であるように思えます。

しかもその内容が、一度出来心で万引きしたというものでなく、
「不定期に何度となく」行っており、倉庫から段ボールごと何度も運び、
それが原因かは定かでないものの、結果的にそのお店は閉店になった
らしいのです。

事務所と同時に、テレビ局としてその内容の是非を判断する機能が無かったという
ことも大きな問題です。

そもそも公共メディアという特質上、他のメディアより遥かに多くの規制がある
箱、それがテレビ局、殊、民放キー局というところ。

我々の仕事と直結するCMという部分に関しても、かなりの規制がある。
CMを制作する段階で絵コンテ(最終段階のものは演出コンテ)というものを
作るが、その内容が「ひっかかりそうだ」と思われる時には、放送を予定している
局全てに「考査」と呼ばれる内容のチェックを求める必要がある。

ちなみに、日本全国の地上波全てに考査を依頼する場合、民放局で114局、
UHF局で13局あり、総計127局の確認が必要になるのだ。(NHK・NHK教育は
除く)その場合、ある放送局でOKが出ても、別のところではNGという厄介なこと
にもしばしばなるのである。

僕自身はひっかかったことはないが、どのような場合にひっかかるかという明確
なガイドラインはなく、都度やばそうな場合は確認する必要がある。
わかり易いところで言えば、背景となる技術の裏付けが無いまま、「史上最高性能」
とかを謳ったりする場合はもちろんNG。また、当然のことながら子供に対して相応しくない
表現もダメだ。場合によっては「なんでダメなの?」と首をかしげる回答すらあったりする。

この考査の理由は、放送上相応しくないと思われる情報の規制とい意味であったり、
同業他社にも多数スポンサーがいるため、そちらへの配慮という意味もあろう。
が、そんな厳しい規制がありながら、自社においてはこのような考えれば当然まずい
ことを、チェック機能なしに放送してしまったり、場合によってはこれだけやらせ問題
が発生している中で同じ事件が起きたり、イレギュラーではあるが視聴率操作問題
が起きているのは理解に苦しむ。広告の世界でも、数年前にはCM間引きという新聞
沙汰の事件まで起きた。お金だけ取って流れるはずのCMを放送しなかった事件で
ある。

僕が言いたいのは、実はそんなことではなく、あびる優に対する苦言である。

彼女は、たしか高校生時代にTXの「オハスタ」へ学校へ無許可で出演退学扱いと
なり、芸能系高校へ入学し直したと記憶する。過去の雑誌か何かの記憶なので定か
ではないが。

その彼女は、小学校から俗に「ヤカタ」と呼ばれる、東京女学館に通っていた。
古くは浅田美代子も通っていた、所謂お女様学校。制服はあまりにも有名で男子高校生
にいつの時代も一番人気の学校である。(僕は全く良いと思ってなかったですが)
そんなある種、名門校の、しかも「内部生」という生粋の立場にありながら、恐らく当時
このような不祥事を繰返していたことが信じられない。
内部外部とは、小中高一貫校では当たり前のように言われる、ある種差別用語であり、
内部生はそのことを誇りに思っていることが多い。それだけお金がかかる特別な立場
であることを誇示する。事実お金は相当かかるのである。
初年度ベースで、寄付金含め150万~200万程度が相場でしょう。

さらに入学する前に、枝光会、松涛幼稚園、若葉会などを中心としたお受験幼稚園に入れる
ことがある種の基本形となり、それ以外に体操教室などのダブルスクールに入れる。
それだけお金がかかり、親としても必至なのだろうがそれだけお金をかけ希望の学校
に入れる理由は、公立よりも質が良く、仲間も良いであろうという判断があるからに他
ならない。
昔はたしかにそのような傾向も実際あったが、昨今の時代背景では公立ほどではない
にしろ、かなり崩れてきたのは事実である。よく出身者から聞く話しです。
もっと言えば、全体としては良い学校であってもどのグループとつるむかにによります。
私立幼稚園、小学校も凋落したなあというのが僕のこの事件に対する感想です。

それと気になること。

ライブドアの一件により、上場をひかえていた文化放送(JOQR)が上場延期をすることが
決まったという。
文化放送は昨年、浜松町へ新社屋を移転することを発表しました。
上場しないで費用を賄えるのでしょうか?

以下簡単日記
【2月20日(日)】
ジムで激しくトレーニング。今だかつてないほど激しかった。体がばらばらになりそうだった。
1日で1000kcal以上燃焼。
その後、汐留で一件、西麻布で一件終えて、白金の予定はキャンセル。以上。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-02-21 15:32 | エンターテインメント
<< NO MORE TV ? ちょっと遅れたバレンタイン >>