更新しなかった訳

準備万端さんのご指摘にあったように、昨日は深夜の更新をしな
かったのです。

理由は寝てしまったからです。
書く内容はあったのです。腹立たしいというか、「それ、ありえないでしょう!」
という突っ込みを入れたくなることで理解不能だった事件(僕的には)のため
寝てリラックスして書こうと思ったわけです。

昨日、ある出版社の方から情報を頂きとある本の出版記念パーティに参加
したのです。

本来であれば本の名前も作者も書きますが、それをもとにその本が売れると、
みなさんに損を被らせるとともに、作家本人に印税が落ちると、本人がさらに
誤解してしまうので(俺ってスゲーみたいな誤解です)敢えて固有名詞は
割愛します。

まあ、言ってみればある「事象」を「経済」になぞらえて資産投資をするには
ポートフォリオが大切だよ、とか、コア・コンピタンスを持たなければ駄目だよ
的な(これだけじゃわからないでしょうが)本なんですよ。

著者が自信満々で登場して、本の解説とかするわけですよ。
僕からしたら、その論理なんて誰でも知ってることだし、話しも面白くない
ので終始通常モードでいるわけなのですが、他の方がたは軽い笑いとか
出てるわけですよ。

感覚的に言うと、彼のギャグは関根勤の具志堅ヨーコーくらい見飽きた
退屈するものなのですが、それに笑う人がいるのも理解できなかった。
本のタイトルからすると相当面白いんじゃないかと大いなる期待をしていた
のですが、実際は全く持ってつまらないものでした。

そこで、思ったのです。

「あっ、俺この人と同じ土俵で戦ったら間違いなく勝てる」、と。

そこで、急遽、出版プロジェクトもスタートします。

あるテーマに関しての出版プロジェクトは既に実施しているのですが、
今回はこの男と同じ土俵で戦うためのショートプロジェクトです。

パーティを途中抜けして、ある出版社の名物集長に電話しました。
テーマはその人の著書と同じものです。

まずは雑誌の連載から交渉し、実現したら文庫本で出します。
出来るかわからないけど、かなりマジです。

アナログメディアでの情報発信へのチャレンジ。
これまた相当本気なのでした。
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-04-17 11:51 | エンターテインメント
<< 第一回女性読者限定プレゼント! NEW PROJECT発動の巻! >>