風間守夫。それは教官!でなくて共感!


会社とか学校とかのつながりでは無い後輩筋にBBQのお誘いを受け参加してきました。

参加した理由は彼の彼女が来るということで会ってみたいという好奇心から。

男性参加者は知っている人ばっかりだったのですが、一人だけ見知らぬ顔の男性がいた。ロナウジーニョな感じです。

直接声掛けて話しをしていると、気になるキーワードがいくつか出てきて、その気になるキーワードに興味をもつ人は普通いないので、そこに敢えて突っ込んでいくと、さらに新たな事実が発覚するわけです。
で、発覚するとぶっちゃけられるので、超ぶっちゃけたら僕が探していたタイプの人間に非常に近くて、すんげー意気投合したのでした。共感ですよ。

同じような家庭環境で育っていなければ全く理解されるはずもないことだけに、その背景が共通だと発覚すると、姉貴同士が小学校から高校まで同じ学校だったり等のシンクロニシティがどんどん発覚して、僕の親戚のことをよく知っていたりとか、彼の姉貴は知らないけれど、その同級生と僕が仲良かったりとかっていう感じになりました。

で、彼の話しを聞くとおじいさんがあの会社を創業してた人だという。イコール”サラブレッド”。
女医兼タレントの西川さんならほっとかない感じの富豪ですよ。

そんなことはどうでもよくて、そういう背景があるなら言っちゃっても問題ないんじゃないかと思って、さらに突っ込んで話すと彼自身ほぼ同じような活動をしてきたことが発覚。
今まで会ってないのが不思議だなあと思っていたら、今年の6月までMBA取る為に米国に留学してたからなんだろう。電通辞めてMBA留学したんだってさ。そりゃあ、アバクロ着てるよね。

ならばそりゃあ、即、彼と赤外線通信するよね。ハグもそりゃあしたさ。
あの店からその店を買うのもびっくりですよ。店の数聞いて俺は面玉そりゃあ跳びだしました
よ。そんなお話し。なんかこの出会いはDEEP IMPACTな予感が非常にするわけです。第一印象が悪くても実は後で上手くいくこともありますが、第一印象が良い場合(決して良い奴という意味での第一印象が良いではなく)はだいたい仲良しになります。というかなるべく仕向けます。

BBQ自体も非常にフレンドリーな感じで良かったのです。
後輩の彼女はかなりパワフルで、その子の会社の同期の方がたを連れてきていましたが皆まあパワフルだこと。考えかた変わりましたね。あのIT企業の会社の。将来性あるね。人こそ命ですから。
[PR]
by osaki_kotaro | 2006-09-11 19:36 | エンターテインメント
<< 良い感じ 業界特権として >>