2004年 04月 25日 ( 3 )

おもちろいよ~!!!

今、まさしく今なのですがTBSで「ザ・ノンフィクション」って番組
が放送されています。

昨年話題になった「ワタミフードサービス」、ワタミやってる会社
です。そこの渡辺社長が郁文館高校の学校経営に乗り出すと
いうことですが、そのノンフィクション映像が流れています。

ワタミが外食産業で得たノウハウを学校教育に生かしたいという
ことで始まりました。
生徒=顧客、教師=店員という図式に置き換え、今までの日本的
経営にもとずく給料評価を止めて年棒性へ切り替えました。

日替わり人事でいきなり、先生が変わったりする恐ろしい組織。
教頭が降格されて副教頭になってしまいます。

新任校長(元慶應教授)がばっさばっさと教師をぶったぎって
いきます。「英語の授業なのに日本語で書かせるな!債務不履行
だぞ、お前!」と突然教室に入っていって生徒の目の前でどなり
ちらします。

校長宛てに宛名無しの非難・醜聞のFAXが届く。
父兄から怒号が聞こえる。校長は父兄に対しても屈しない。
同じ態度で対応する。

校長は3年計画で月給13万だと。。。
本人自体、指が無く生まれいじめにあって不登校経験があると
いう。

いいか悪いか別として経過を見守りたい。生徒はこれをどう感じ
どう思うか。
一般的な考えで言えば、もっとのびのび教えた方が先生と生徒
のコミュニケーションが取れて良いと言われ一蹴されてしまうの
でしょう。

でも教育に関してだけは色々試行錯誤を試みても変わらないものは
変わらないので結果を見守るしか無い。
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-04-25 14:13

間違いだらけの日本語講座その2


かなり体が痛くつらいっす。。。

で、起きて今、新聞読んだわけなんですね。
日経読みました。

もちろん記事も読みますが、一応、本業が広告屋なもんで
軽く広告にもざっと目を通すわけですよ。

日曜は、求人広告が充実してますよね。

広告業界3位のアサツーディーケーという会社が正社員の募集
告知をしているんです。東証一部上場企業です。
そしたらですね、あり得ない誤植広告が載っていたんですよ。
是非皆さんチェックしてください!!!

正しくは、きっと誤植でなく本気で間違えたんでしょう。
広告屋が自社の広告で明らかな間違いを載せている。
これは所謂「逆パブ(リシティ)」ってヤツになりかねません。

「逆パブ」とはマイナスの意味で世にその企業イメージが広がること
を言う、業界用語みたいなもんなんです。

詳しくは是非、新聞を見てください。

「追求」と書かなければならないところを、「追及」と書いてしまい
ました。この会社。

PCの世の中になってから打ち間違えは多発するのですが、それに
は校正作業があり、誤字脱字のチェックは当然するのでその段階で
この程度の量の文字ならば一瞬で気付きます。

あり得ない。
お願いですから、業界の信頼を失墜するようなことはしないでください。。。
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-04-25 13:29 | エンターテインメント

アイデアが・・・


お~、久々にアイデアの泉状態になっとる!!!
次から次へと沸いてきます。

一つは、既に友人が経営する会社のサービスとして忘れない
うちに電話して伝えました。
「これは、なにか臭い!」と臭いまくりです。

やはりアイデアとは、「アイデアアイデア・・・・」と机に向かっている
時ではないときに突然脳内に「FALSH」(閃光)が走り突如現れる
もののようです。まさしく「ぴん」ときたのです。

あ~、マジとまらないのですぐさまこの後、企画書に落とし込もうと
思っているのですが、次から次へと沸いてきます。くだらないことも
含めてですが。。。

このブログのアクセスアップ施策も今浮かびました。
何度も言いますが、知り合い・友人のごくわずかな人にしか送ってない
ものなので、別の方法で集客したいのです。まだ僕をあまり知らない
人などに、会わずとも知ることの出来る、そんなものとしたいのであります。

ひとまず、実施するか否かは別として考えたのは「リレー日記」です。

僕以外にもアクセス数を上げたい人はいっぱいいるはずです。
知り合いに教えてない人も同様にいっぱいいるはずです。
なるべく知らない人への広がりの方がおもしろいからなのです。
知ってる人だけに本気でバラ撒けば、それこそ一日で2000~3000PV
ぐらいは獲得できると思います。
でも、それじゃあつまらないのです。
一応、本業が広告屋なもんで、自力でお金をかけずにどう広げるかを
考えるのが好きなんですよ。

それで今ひとつ沸き起こったのが「リレー日記」です。

知り合いか、知り合いじゃない人、どちらでもいいのですが、それぞれ
別コミュニティを持って既にそこそこアクセスを稼ぐサイトと共同で日記
を書きます。

仮に、僕とAさんの日記でのリレーの場合、僕がこのブログで何かを
書きます。で、かなり核心に迫るシーンで、続きはこちらとAさんの
リンクを貼ります。そこへ飛ぶと僕がAさんに事前にメールで送った
テキスト内容が貼られていて、続きが読める。またそのいいとこで、
僕のブログへのリンクが張られている。これで、本来「1PV」だったもの
が「2PV」になります。これをさらに往復増やせば3・4・5・・・・という
ようにかなりのPVが稼げるのです。
また、2者間だけでなく、3者間以上の関係の中で同様のことをする
ことによってさらに多くのアクセスを稼ぐことが出来る。
往復があるということは、事前に往復分も上げとかなければならない
ので、ネタバレしてしまうのですが、そのコンテンツがむちゃくちゃ
面白ければ頭から順番に読みたいのが人の常。

こうすれば、自分とは関係ないコミュニティの人間が見ているサイト
から新たな需要を開拓できる可能性が高くなります。相手もしかり
です。あるかもしれない。いつもは出来ないですが、これまた予告
無しで実施するのもありかな、と。

協同はPOWERです。コンテンツアグリゲーター同士のコラボはある
かな、と。この考え方はその他サービスでも通用するものだと思います。

ま~、それは置いておいて今から新たな企画資料書きます。

今日も、あらゆる箇所を動きまくり疲弊していますが、かなり心地良い
です。明日もそうですが、ぐわんばりましゅ。
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-04-25 01:01 | マーケティングサイエンス