2005年 03月 10日 ( 1 )

GINZA

普通日記です。

昨日は仕事を早く切り上げ、品川区某所にて某ニッポン放送の制作の友人と食事をしました。

別に前から食いに行こうと約束してて、たまたま世の中を騒がせているこのタイミングで食事することになったのは偶然の一致です。coincidence。

非常にDEEPな訳わからない無国籍料理屋で食べたのですが、楽しいお話をしたのであります。社内の話しはスゲ~話しばかり聞けてあまりにも危険なのでこんなところでは書けないのであります。社長様のお話しとか意外過ぎでした。スゲ~、毒舌で全てを包み隠さず話しすぎる開けっぴろげなところが裏情報好きな僕の無駄知識をさらに充実させるのに充分過ぎたのであります。

フジサンケイグループの一角を担う企業であり、お台場オフィス時代は同じ屋根の下にいただけにフジテレビとの人的交流も多いため、CXの内情、殊、アナウンサー話しは大変興味深かった。メディアに書かれていない情報は何ら一般的には必要無いことだけど、僕にとっては極めて貴重なお話しであり、かなり充実した時を過ごすことができたのであります。

さて、本日は先ほどホワイトデーの贈り物を買うために奔走していのです。もちろん彼女とかにではないですよ。いませんから。

某食品会社のご担当者から、いっしょにやってる野郎2人合わせて3人にバレンタインデーにクッキーを頂いたのでそのお返しを買ったのです。当人14日は仕事で会社にいらっしゃらないということで明日お渡しするために本日購入する必要があったのです。食品会社の方だけに変な
ものを渡すことはできない、そんな状況でした。

どうしようなかと思った時、ヤツに連絡するしかないなと判断し、姉貴に電話。ヤツは衣食に関してホント詳しいから困った時にだけ連絡してしまうのです。そしたら偶然銀座にいるってことで、サエグサにいるヤツに会いに行きました。

サエグサは銀座名店街にももちろん名を連ねている老舗の子供服屋ですが、ヤツは中学くらいからオーナーの三枝さんと仲が良く、今回リニューアルするに当たり相談を受けたらしいのです。するとヤツはその相談を受けて、強引に光文社VERYの取材を誘致してバックアップをしたそうで、その撮影が本日あるということだった。いつもながらムカツクけどスゲー女です。

ちなみに銀座の若旦那連中の大半は慶應閥です。
BRBが銀座にあるのもその流れです。慶應閥というかそれこそほとんどが幼稚舎へ行っています。これを見るだけでも
幼稚舎というのにルートが存在する気がしています。三枝さんも幼稚舎です。

で、ヤツは相当ウザかったのだろう。誰でも知っている店を適当に言ってきた。かなりウザかったのだろう。
時間無いので結局その指示通りピエールマルコリーニでチョコを購入。クッキー貰ったから逆の展開をしてみました。
a0011652_19242375.jpg

しかし高い。ひとつぶ300円くらい。
つ~か、今どきこんなもんに行列が出来ていることが信じられない。
これがブランドってやつの本質なのはわかってるけども。

とにかく、銀座はやはり日本一の町であり奥の深い町なのです。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-03-10 19:24 | ダイアリー