カテゴリ:トラックバック( 5 )

NO MORE TV ?


もう興味津々だ。
もちろんライブドア社の一件にである。
一つは一視聴者・聴取者としてのテレビ・ラジオとの接点がある観点において。
一つは取引先としてのフジテレビ・ニッポン放送・ライブドアとのステイクホルダー
的関わりにおいて。

あまりのも面白くて、この件の雑誌は全て立ち読みしたし新聞記事も取っている
日経と読売に関しては全て見た。
ある雑誌では楽天証券の研究員がコメントしてて笑った。
その内容がライブドア擁護のコメントだったりしてウケる。三木谷氏のケアは大丈夫
なのかな?
M&Aコンサルの村上氏の動きも面白い。
かたやライブドアと組み、かたやその敵である楽天と商品先物会社の設立で組んだ。
両社の経営社と友人でありビジネスパートナーであるがビジネスは別物という非常に
合理的な考え方の持ち主であることが見て取れる。面白い。

思い起こせばライブドアが昨年実施した広告キャンペーンで、

「NO MORE TV」
a0011652_18425295.jpg


というキャッチコピーを掲げていた。

つまり、テレビの時代は終わりインターネットの時代が来るというメッセージキャン
ペーンだったのだ。にもかかわらず、テレビとネットの融合である。はっ???

僕自身、インターネットはこれから今以上に空気のような存在になりその価値を
上げてくることは間違い無いと思っているが、それはインフラとしての価値であり
媒体としての価値はテレビのレベルには到底追いつかないと思う。だから融合と
いう観点ではアグリーだが、「NO MORE TV」は無いな。
考え方を改めたのではなく、もともとこう考えていたに違い無い。

僕がここで言う、媒体価値とはe−COMMERCEが伸びないとかそういうことを
言っているわけではない。もちろんそれらは飛躍的に上がるだろう。
つまりエンターテインメントコンテンツとしての純粋な意味でのポータルネットメ
ディアはテレビの価値には遥かに届かないと感じている。

さらに単純なことで言えば、僕が学生に時代就職活動していた時代以降おそらく
今でも広告業界では一般的に質問がなされているはずだが、

「マルチチャンネル時代に広告業界・テレビ業界はどうなっていくと思うか?」

といったものがあったが、今も昔も僕の考え方は変わっていない。マルチチャ
ンネルは死語と化したが。

テレビ、特に地上波が強い理由は、その番組のコンテンツ力、つまり企画力によ
るものではなく「誰が出ているか?」ということに尽きるわけだ。
つまらない内容でも人気のあるタレントが出てれば昔ほどではないがそこそこ
視聴率が望める。そう考えると芸能事務所との繋がりの深い地上波局がタレント
を押さえている現状は今後も変わらない。出演費も衛星波等に比べて高いからだ。
人気タレントが出ない番組はそうそう見られない。だから今後も民放、特にキー局
の力は継続するというのが僕の持論。難しいこと言う意見もあるけど、恐らくかな
り正しい意見ではないかと自負している。

ネットは物販やDL等の電子商取引インフラとしてこれからも相当伸びていく。
ライブドアの今回の一件が成功裡に終焉を迎えれば最強なメディアが出来上
がることは事実だろう。コンテンツ販売でべらぼうに儲かるはずだ。

ただし、そこへネットが使えないと楽しめないようなシステム、つまり現在BS等
で一部でなされているような双方向性が強いコンテンツはマニアックな人にしか
受け入れられないだろう。

そこが能動的なメディアと受動的なメディアとの差である。リラックスして何に
も考える必要が無いというのが彼が言うところの「既存メディアの中のテレビメ
ディア」の特質であるからだ。
せいぜいリモコンでザッピングすることや、番組欄を見て目的のチャンネルに
スイッチングすること程度がテレビにおける「能動性」なのだから。

少し前の日記に書いたことへの付け加えになるが、そもそも媒体社というのは
既得権ビジネスであるため、もの凄くい利益体質なのである。だから上場する
必要が無いと書いた。
総務省のお達しで設備投資に金がかかるから上場を選んだと書いた。
前回は書かなかったがそうすることで商売が逆にしづらくなるという向きもある。

そのビジネス上、第3社割り当てをする場合、ステイクホルダーへ割り当てる
必要が出てくる。すると、「物言う株主」が誕生し公共性が保ちづらくなる。
だから上場には向かない。
メディアの公共性が不透明化してくるのだ。仮に同業他社からTOBされたりし
た日には大変。

フジテレビが不可思議なのは、通常は割り当てる際に「仲間」に定株主主になる
ことを前提とするはずなのだ・・・。
例えば博報堂DYホールディングズが上場したが、その際に一般に売り出され
たのは10%程度であり、残りは各媒体社や銀行や保険等の機関投資家に割り
当てた。
だから「仲間」が売らない限り買収は出来ない仕組み。
電通は折角集めたお金を華僑が安値で買い占めていた土地を高値で掴まされ、
さらにあれだけ立派な自社ビルを海外のメジャーな建築化に設計させき築き莫
大な費用をかけた。たしか資金調達が5千数百億で、半分以上を使ってしまった。
正しい使い方なのかは知りませんけど疑問。

民放キー局も昨年のテレビ東京上場を持って、全局東証1部上場企業になった
が大人げ無いライブドア苛めは辞めたほうが良いんじゃないでしょうか。そのうち
狙われちゃうよ。

またまた割愛日記。
【2月21日(月)】
夜、学生のOB訪問対応。哀れな恋愛をしていて可愛そうだった。

最近のエンタメネタ。
ボーンスプレマシ-を先週見た。仕事で徹夜したので早退して空いてる映画館
で見たけど、あまりにもつまらなくて20分後に爆睡。20分寝て起きてもわかる
安直内容であった。ボーンアイデンティティもつまらなかったので期待してなか
ったが。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-02-22 14:15 | トラックバック

運命?


久々のトラックバック。

つ~か、トラバできてるかどうかも不安ですが。

たしかに、人間は運命というストーリーを信じたい生き物です。
僕も全く持って同じです。

何かにつけて、運命と感じたがるわけですが、僕にも何度も
そう信じたくなることってありました。
しかし、それらは必ずといってよいほど悲しい結末を産むので
あります。

とくに運命と思いたがるのは恋愛でしょう。

昔から、漫画の影響でギャグと化している、「白馬に乗った王子様」
というフレーズもいるわけありませんが、別マ・別フレで育った女性
達の中では、心の隅にどこかこのイメージを具現化したい思いが
潜んでいるわけです。

一般女性が、別マ・別フレ(ちなみに、別冊マーガレットと別冊フレ
ンドの略です)に影響されているとすると、男性はどのようなものに
影響されているのでしょうか。

これも深層心理的には、あることに影響されているはずです。

それは、

しずかちゃん

であります。
「頭が良くて、気立てが良い。思いやりがある嫌味の無い女性像」
これを子供に対しプリンティング(刷り込み)しているのです。

ちなみに、アニメキャラがどれだけ影響力があるかというと、幼児
に圧倒的に影響を誇るのが、「しまじろう」です。

これは僕が以前子供マーケットの仕事をしていたので事実わかっ
ていることなのです。子供は親の言うことは聞かなくてもしまじろう
が言ったことは守る。それくらいの影響力があるんですよ。

しずかちゃんに対して間違いなく、どこかに憧れを持っているはず
なんですね。

そして、その後、アイドルとかに影響されるんでしょう。
今だとモー娘。とかになるんですかね?

ちなみに、僕の理想の女性像はもうかれこれず~っと変わってい
ません。
漫画「冬物語」のケイコ!?さんです。

あの元気キャラクターとちょっと背伸びしてしまう所とか、頭がいい
のにそういうとこアピールしないで夢に向かって突っ走る姿とか、
もう理想ですね。

また、運命については書きます。
実体験に基づく、運命と誤解していた話を・・・・・。思い出すだけで
涙がちょちょぎれます。

見てない人は、漫喫へ走れ!
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-06-14 16:11 | トラックバック

小鳥さま!感謝感激でございまする~


Blog of the year 2003の Best article blog部門の一等賞を取った小鳥(男性)さんが彼のblogにこのサイトのリンクを貼ってくれました~!!!感謝感激。

これからは、キラーコンテンツたるサイトへどんどん貼ってもらおうと奮起した次第でございます。
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-04-06 23:16 | トラックバック

にゃるほど>木村さんブログへのトラックバックっす

a0011652_124233.gif
剛ログ参加者のこーちゃんです。
一応、広告は専門なので僕の意見を書かせてもらいます。
ハードディスクレコーダーに録音されることで、CMを見なくなる。
これは長らく言われています。
さらに、インターネット広告の伸びが高く、テレビをはじめとするマス
4媒体の価値(効果)が逓減するとも言われています。

しかしながら、僕はそうは思いません。

今は死後となったマルチメディア時代が到来して久しいわけですが、
CS/BSをはじめとして、日本でもマルチチャンネル時代が完全に
到来したわけです。視聴機材の価格がまだ高く、完全に広まったとは
言い切れませんがそこそこ浸透している中での感覚です。
総務省データなどを見ても、インターネット接続できる携帯電話以外
でのネット接続時間は社会人の業務時間使用を除けば大した割合
ではないのです。
特に日本人は受動的な行動様式があり、考えることをあまりしない。
つまり、何もしなくても情報が自然に入ってくる状態を好みます。
積極的に情報を取りに行かないのです。
本や新聞に書かれていることを鵜呑みににし、考えない。
一記者の意見であることも多いメディアの情報を鵜呑みにするのです。

翻ってインターネットはどうかというと、基本的には能動的な行動が
ユーザーには必要であり、目的意識tがなくネット検索する人は少ない
のが事実です。

よく言われる、日本のインターネット人口は●千万人というデータも
かなりいい加減です。とりあえずプロバイダーへ入っている人数の
データベースでしかなく、アクティブユーザーは相当少ないのです。
数ヶ月ネット使ってない人はざら。さらに、使う人は逆にデスクトップ、
モバイルPCなどいくつも使っているし、携帯なんかはほとんどメール
だけの使用です。一部着メロサイトや占いサイトなど、登録している
サイトを見るに過ぎません。パケ代の定額性が始まっていますが、
まだまだ高額です。

企業と仕事をしているとよく、わかります。
いかにインターネット広告を軽視しているかと。彼ら、特に広告宣伝
の統括者たる担当者は年齢が高いため苦手意識が高く、いくらデータを
提示したところで、テレビのパワーと比較したらネットを使用するケースは
低い。徐々に増えたところでたかがしれています。

ただ、木村さんがおっしゃるようにgoogleアドワ-ズ広告のような
低価格でワード連動広告をやるケースは急カーブで伸びつづけると
思います。わかりやすい、というのが伸びる理由です。
加えて、実際色々聞くとあれだけやってビジネスを成功させている
若い会社も多いのです。

今までの話しを否定する部分もありますが、僕自身ずっとテレビ広告
のパワーが続くとは考えていません。
昔でいうところの「ネズミ講」。今で言えばマルチレベルマーケティング
っていうヤツですか?すごい勢いで伸びてますよね。
広告をする必要がないだけに、質の良い物を低価格で販売できるという
システムは今後の大きなテーマになるでしょう。
そういう意味でいうと、やはり電子商取引の伸びは凄くなると感じます。
人件費、宣伝を含む販売管理費を逓減できる素晴らしいシステムだと
思います。

さらに言えば、ダイソーの100円ショップや、ドンキホーテのような業態、
ブックオフなどの伸長が今後広告という意味自体を変えるのではないか
と思います。広告される商品でなくても、価格という意味においてモノが
自然にはけてくる時代が近い将来来るのでしょう。
大元の木村さんの記事(4月2日の記事です)
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-04-03 02:16 | トラックバック

29マンさん

木村剛とブロガ-のオフサイド取引と出会いの大切さ

初トラックバックです。
うまく出来てるかなあ~。
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-04-01 17:38 | トラックバック