<   2004年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

先天性と後天性

a0011652_174831.jpg世を忍ぶ仮の姿としては、広告会社の一社員をしております。

んでもって、今日は午前中から夕方まである女子大生が読む
雑誌のタイアップ(スポンサーがお金を出して、出版社が誌面を
作る編集ページと広告ページの中間的な位置付けのページ)を
してきました。

ある商品で、ネイル関連グッズを出していて僕はその担当なのです。

で、この雑誌を提案して全4回シリーズの今回は最終回の撮影だった
のでございます。

モデルは「読者モデル(通称:読モ)」って奴で、大半が大学生の素人
さん。
ですが、最近ではこの中からアナウンサーなどになる子も多く、きれい
な子も多いわけです。

僕は思います。
もうその世代は、美に関しては全く違う感覚を持っているのだと。
今日も、雑談で読モと話しをしたのですが、どこからどう見ても申し分の
無い顔をしているのに、(ちなみに1人は、フジテレビの某番組でお天気
キャスターを現在しているレベル)それでも「お金があれば私も整形した
い」とのたまっておりました。

スタイルという奴は、骨格などの要素を除けば、絶食するなどしてなんとか
痩せられると思います。
が、ビジュアルに関しては先天性、つまりDNAの要素が大半を占め、自分
ではなんともできない。化粧で誤魔化せるのも限界があるだろう。

でもここで女性は誤解しないで欲しい。

男が伴侶として欲しているのは、顔でもスタイルでもない。
これは紛れも無い事実である。

顔もスタイルも、センスも良いことを自己認識している女性で、性格が悪ければ
男はその女性を選ばないのだ。
そういう女性は短期的な関係にしかならないのは、多くの男性を見ていて感じる
事実である。

結局、男は素の自分でいられる子を伴侶とするのである。

誰がなんと言おうとこれは事実である。

逆に、女性は男を選ぶ基準として「将来性」を重要基準として欲しい。

「今は、こんなだけど、こいつは将来きっと・・・」という期待感のある男を選ぶべき
だろう。
つまらない男にひっかかってはいけない。
幸せを掴むには、心の目で男を見て欲しい。そう思う。
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-03-31 17:49 | マーケティングサイエンス

究極の恋愛テク!後悔、もとい公開

a0011652_234218.jpg画像は意味特に無いです。でも走るのがとっても好きなのです。体育会駒沢公園ジョギング部
部員鋭意募集中。

(閑話休題)
いや~、これ言ってよいのかなあ・・・。
これ教えちゃうと、みんなの恋愛偏差値が上がっちゃうんだよなあ。

でも開設記念でお教えいたしまする。

偶然から発明しちやったテクなんです。
好きな人がいないので、実践したことありませんが、これ実践して成功した
ら是非教えてください。

昨日の日記で、予期しないことが突然起きた方が、その状況に置かれた
人は心の振幅が大きいと書いた。

まさしくそれと同様のことを意図的に思いを寄せる人間に起こすのだ。
無論、まったくコミュニケーションが取れない相手や、知人・友人としても
仲が良とはいえない関係の中では何ら意味をなさない。

さあ、具体的にお教えしよう。

TOOLとしてはメール機能付きの携帯電話がなければならない。

あ~、書くごとに教えたくなるこの感情をどこへ向ければいいんだ~。
でも感覚マーケッターとして日本TOPと言われる僕だけに無料にて提供
せざるを得ない。ちなみに、個人的な相談には1案件税別5万円
(4月1日以降は、消費税額を表示しなければならないがまだ3月なので
こことではこのまま表記します。)で申し受けます。

話しを元に戻そう。

メール機能付き携帯から、相手にメールを送る。これだけなのだがその
テクニックが絶妙なのである。
例えば・・・
こーちゃんが、吉田美和(マジでドリカムFANなのです)を好きだとする。
しかしながら、素で彼女に愛のメッセージを送る。それは情けない。
何故なら、本来そういうことはやはり最悪でも電話、実際に会って話す
ことがベストに決まってる。

ここからがKEY POINTですよ!
「吉田」も「美和」も割とありふれた名前なのです。
仮に、「ジャイ子」であっても、一人いれば二人くらいいても何らおかしくない。
その名前でもって、メールのアドレスを検索すれば、名字の場合、吉田君
もいれば吉田さんもいるだろう。美和で登録していれば三輪も美和も美輪
もいるかもしれない。
こーちゃんは、好きな吉田美和ではなく友人の吉田君へメールするつもり
だったことにすれば、メアドを登録するときに一つずれて好きな吉田美和
宛てのアドレスを入れてしまうことも人間ならばあるはず。
しかし、それを意図的に行い、その文章には自分の夢だったり、その架空
の吉田君への励ましだったりが書かれているのだ。
そうすると、特にそんな側面があることを知らなかった吉田美和さんは、心
が振られる。「えっ、これって私あてじゃないけど、こーちゃんてこんなこと
考えてたんだ・・・」と。

しかし、恐らく彼女はこーちゃんに間違ってメールした連絡をしないだろう。
人にメール見られたんじゃないかと、相手が猜疑心を持つ可能性があるとき、
自らそんなことはしない。実際メールは送ったところで必ず返信しなければ
ならないルールはないのだから。

あ~、言ってしまった。
結構これってノーベル賞は無理だとしても、
「イグノーベル賞」くらいは取れそうな気がする。

こんなことを僕は、田中A君を遊びに誘ったのに田中B君宛てにメールをしていて、返信が無くそのまま当日を迎えたときに、現れたB君を見て発見したのである。

発明とは、きっと必至に考るよりも、偶然が思いつかせるものなのかも
しれない。よく言う、「フラッシュバック現象」が僕の脳内エンドルフィンを
掻き立てたのである。
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-03-30 23:43 | 恋愛科学

石ちゃんとパパイヤ鈴木と僕とジム

a0011652_10731.jpg
HTMLを自分で打ってサイト運営を約3年前にやってましたが、その面倒くささにより
現在休眠しています。そこで、ありものブログを使ってまた再開しますです。よろぴく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

約2年通ったジムを昨日退会した。(写真は退会したジムの受付)
思い起こせば僕のジム遍歴は長い。
大学1年の時に通った、自由が丘エグザス。初年度分を一括で振り込んだが結局1度しか
行かなかった。下調べの重要さを知ることになる。
調査しないで通った結果、風呂が無いことをしらなかった。ジムで風呂は重要なファシリティ
なのだ。サウナは水着着用。面倒くさい。シャワーは、まるで小学校のプール更衣室のような
ぬめぬめな床。全てに反吐が出た。
ややあって、社会人時代にジムオタクの日本テレビ系列会社の常務に紹介頂いた松涛の
「渋谷21(トゥエンティワン)」に入会。今はコナミグループになってしまったが、
当時は最高だった。施設の充実度。さらにミーハーな僕の心をくすぐるタレントの多さ。
当時、杉並の浜田山に住むキムタクも通っていた。リサ・スティックマイヤーに至っては
見ることの無い日が無いほどであったし。エクササイズ系をした時、生徒二人で柴崎コウと
二人っきりだったことも懐かしい。
しかし、遠かった・・・。駐車場は3台くらいしか入らないため、路駐を余儀なくされる。
そんな始末であまり通うことなく、2年という歳月が過ぎ退会した。
ややあって、自由が丘生まれの自由が丘育ちの友人、ナオピコ君から紹介され「L」に
入会した。それまで、バブル時代の遺産、二子玉川の「スポーツコネクション」広尾の
「広尾倶楽部」、白金「SPA白金」、外苑前の西武グループ最高級施設「URAKU青山」
などなど背伸びして色んなところを回ったが、ブルジョアジー過ぎて手が届かない。
ここに関しては、安くは無いが手が出ないレベルでも無い。
「1人の時間」という自由な時間を買うには多少の痛みはしょうがないし、そうでなければ
癒しとしての意味は無い。本当にここも最高だった。スタッフのサービス、施設の充実度、
各種ファシリティの充実度、駐車場のサイズなどなど満足極まりない。
ここも地元系タレントが多く、席を譲った松島奈々子の旦那の爽やかな笑顔で「どうも!」
と言われた時には、心が通じ合った!?気がしたし、巨人の入来とサウナで二人になった
時には、彼が丁度故障している時で、サウナにあるテレビに写った巨人の試合を見て彼が
ついた溜め息は忘れられない。
また、DEBUYAでおなじみのホンジャマカ石ちゃんとパパイヤ鈴木も偶然だと思うが
二人とも会員で、テレビでこそああだが、二人とも異様に健康に気遣っていて、石ちゃんが
頭がほとんど上がらない腹筋を必死にやってるシーンを見るたびに涙が出てきたもので
ある。しかし、また飽きた。サービスの供給者は、常に変化を僕らにサプライズという形
で与えて欲しいのだ。前ぶりない気遣い。人間の心の振幅は、意外性によって大きく振られ、
その振れ幅が大きければ大きいほど印象的で飽きが来ない。
現人間は現状に満足なんてしているようでしていないのだ。
ということで、来月か再来月には目黒区某所の巨大ジムへ入ろうと思っているのである。
フィットネスオンライン

POST SCRIPT
本当は最近知り合ったドリコムの内藤社長がやられている
「MY PROFILE」
ブログに選ぼうと思ったが、まだ知識不足な僕は試したらミスったらしくブログがあがら
なかった。覚えたらそっちにしますよ。内藤さま!
[PR]
by osaki_kotaro | 2004-03-30 15:08 | エンターテインメント