<   2005年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Re:


【1月29日(金)】

大事件勃発だああああああ!

とある友人より、携帯にメールが入った。
僕は仕事に忙殺されていて、疲弊仕切っていたんだ。
折角予約の取れた、恵比寿蟻月でのもつ鍋も結局食べにいけず・・・。
床に着こうとしたタイミングで、携帯がブルった音がしたので
見ると彼から・・・

Title
Re:ごめんなさい

Subject
今まで築き上げてきたものがすべてダメになりそうです。
ごめんなさい


はっ!?と思い、即座に電話をしても彼は出ない。

何が起こったのか。

後で、電話がかかってくる。

内容を聞くと、かなりの驚愕の事実がそこにはあったのだ。

明日その事実をチェックしよう。

【1月30日(土)】

午前中ジムへ行くと、ウエイトUPしてる。だめだこりゃ。

そして、昨日の事件を確認しに調べ物。

マジか。これは現実なのか。
今世紀最大の事件だ。でも放置。有名税ということなのか。

で、昨日のご本人様のご自宅へ伺い今日は行動を終日ともに
することになる。

苦手な新宿で3つほど予定をこなし、某社長とも合流し、3人で
まずい根岸でベロ食べてから六本木へ移動。

そこは、afloatのミヤムー会。久々に、川嶋あい率いるつばさレコード社長とかに会った。現在のこのレーベル所属のアーティストも川嶋あい同様「あいのり」の主題歌になってるな。

絵があまりにもくだらないからか、僕は参加するとすぐに頭痛と嘔吐を催す。
完全に風邪だ。
ずーシミさんとも事件について話しつつ、彼を自宅まで届けて爆睡。

【1月31(日)】

気付けば、既に1月も終わりか。人は日々、老いて行く。

夕方までは仕事な感じで、ランチを恵比寿のTSUNAMIでレタスカレー。珊瑚礁系列だけあり、いつ食べても上手いなあ。
そして、約2年の歳月が経て、ある案件をほぼクロージング。なんだかなあ。
寝かせる意味もなかった気がする。

夜はマブダチと会って、もろもろ相談。マジこいつウケル。NEWキャラクター。

何がきっかけで何が起こるか本当にわからない。
人と出会うことはリスクもあるし、ラッキーもある。年齢も立場も関係無い。
そういう垣根を意図的に作るやつほど胡散臭いものはないと思う。
もちろん最低限の礼儀は必要だけど。
世の中、みんなEVENなんだから。そう言えば、夜もカレー食べた。

そんな感じで、結局夜から朝まで本を2冊読破。眠いよ。
一つは中田とか、北島康介とかのマネージメントを行っているサニーサイドアップ
なんとかって本。PR会社としての立場とIMG的なスポーツ選手のマネージメントを
行うこの会社のビジネスモデルについて書かれている。
数多くのPR会社と仕事してきたけど、ここ面白いから今度仕事しよう。

それと、紅虎率いる際コーポレーションの中島武氏の「ハングリー」という本。
なんか男っぽくて良い感じだった。かっこつけてない感じが良書です。
たいてい起業家本は、ほとんど自社のプロモーション本だったりするから気を
つけましょう。

これこれ。興味あらばぜひ。

そんな感じです。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-31 12:26 | ダイアリー

時間がほちい


いきなり昨日呼ばれた新規開拓のプレゼンに行く前に
昼飯でも食べようかと思い、てくてく会社のそばを歩いていたら、
後ろから極真カラテの有段者の会社の後輩が近づいてきた。
つい最近まで、直属の後輩だった奴。極真の達人で試合にも
出てるらしいけど、たぶん俺、彼とケンカしたら今なら勝てる気がする。
なんかSNSで俺のこと見つけて、このブログを毎日チェックしている
らしい。異様に内容について詳しくて、僕が書いた食い物やさんには
ほとんど行っているという。

ということで、2人で食べることにした。抜群に上手いけど汚い銀座の
中華料理屋に行った。

ガキの頃から海外に住んでいて大学まで彼の地だったため思考が
米国人なんでたまに理解不能な宇宙後的な話しをすることがある。
思考も理系だし。

たまに、

「YOU!は!・・・」と、

おい、君はジャニーさんかと思えるような表現を使ったり、

僕がギャグで彼に英語だけで仕事の指示をしたりすると、
こと細かな表現の不適切箇所を自慢げに、これまた英語だけで返して
きたりしてた。

そもそも僕がダイエットするきっかけになったのも奴のせいだ。
炭水化物ダイエットで、どこへ食いに行ってもおかずしか食べない
彼は、みるみるうちに痩せていったから。

昨年末は2人で何日も会社に泊まりこみプレゼンに臨んだなあ。
懐かしい。結果、昨年唯一負けたプレゼンだけどホント殴り合いになる
レベルで話し合い、たった二人で120枚くらいの膨大な資料を作った。
去年一番きつい仕事だった。でも互いにスキルはかなり上がった気がする。

そんなプレゼン依頼、大型のプレゼンにお呼ばれした。
食べ終わってオリエンテーションという、提案内容の説明の会に行った。
2社のコンペだと思ったら6社コンペ。まじで!?

内容は、僕が愛するあるスポーツ事業に関するものなので得意分野
なんだけど、約1週間でプレゼンすることになる。また怒涛の日々が
来るのか・・・。

そこの社長がプレゼンに参加するってことで会社に帰っていろいろネット
で調べると、その昔、マスコミで超話題になった「あの」人物であることが判明。
激熱い。久々にたぎる。厳しいことでも良いからビシバシ指摘して欲しい
なあと思う。
というか、結果的に仕事にならなかったとしても彼の前で武者振るい
するプレゼンをすること自体が、経営者オタクの俺としては感動もの。

仕事のことだけじゃなくて、ほんと時間が欲しい。なにもかも・・・。

あと、最後に最近見た映画について。

「TOKYO TOWER」  ★☆☆☆☆
CMにやられました。山下達郎にやられました。
誉めてるんじゃありません。見てはいけません。時間とお金の無駄
です。

「マイボディーガード」  ★★★★☆
良いです。映画サイトのレビューがさほど高くはなかったけど、かなり
良いです。デンゼルワシントンものは大半見ていますが、彼の映画の
中では、凄い古い映画で僕もビデオで見たのですが、「リコシェ」という
映画があります。超良く出来たストーリーで是非見て欲しいのですが、
彼の出演映画の中ではかなり上位になるのではないか。

そんな感じです。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-27 20:43 | ダイアリー

彼女は有名人


調査が熱い。

一口に調査といっても様々な方法があり、かなりの進化を遂げて
きてます。

基本的にあまり好きな仕事じゃないけれど、進化した調査は
実に面白い。

例えば、

●●の商品をどのくらいの頻度で購入しますか?

なんて、聞いても記憶を辿った事実とかけ離れたものだったり、
あるいはめんどくさいから適当に答える人は少なからずいるでしょう。
大半がこの手の調査で企業は市場調査をしてるけど精度が低いです。

でも、買った実態を把握する手法はどんどん出てきてるんですよ。

どんな業態でも大抵ポイントカードとかがあると、購入履歴が見られ
たりします。聞くまでも無く、それを見ればつまびらかになることは
間違いありません。
それだけ見ても面白くなく、その人が対象商品以外に何を買っている
かを見ることで横の広がりがわかります。
健康志向の人間なのか、あるいは特売の商品だけを買っているのか
などを見ることによってブランドの本質が見えてくるかもしれないです。
実は、訴えるべきポイントが違うことがわかるかもしれないとか。

POSデータとかなどの単純分析でなく、様々な販売チャネルと提携
することが出来ればかなり大きな提案が顧客にできるようになり
ます。

ただ、貴重な財産をそうそうた易く入手できるわけがないので、チャネル
に対してメリットをつけて相互補完し合えるとその確度もかなり上がり
ます。商品ラインナップのコンサルとかしながら。

てなような仕事が一部あり、人の動きとか思考を見られるので凄く
楽しいです。現業での仕事ですが、ここらへんはかなりビッグビジネス
になり得るなとほくそ笑むとともに、消費者行動の実態がわかってかなり
ラッキーな感じ。まだまだデータを供出してくれる企業は少ないけど
今あるものだけ見ても会社はもとより、個人的にもスゲービジネス
チャンスありまくりです。

なんて感じなわけだけど退屈なことも多く、今日は昼飯どうしよっかなあ
と考えていたら先週テレビで激ウマ親子特集やっていた時にメモった
新橋の雪の里へ行こうと思ってた時に日本最強の会社勤務の某君から電話が入り「飯行きましょう」ということだったので一緒に行くことにした。今年初お目見えか。秋田比内地鶏は上手いが卵をもう少しドロッとして欲しいな。
こいつも、俺がキューピッドになって彼女が出来たなあ。思わず彼女の名前を
書きたくなるなあ・・・。あの有名な・・・。書いてしまいたい。

今年は俺らが行くしかないという結論になり、お互いに1週間の宿題出しつつ
面白いことをやらかすことにした。

究極のアイデアというのは時として、ふとした瞬間に出てくるものだと言い、
考えようとしても中々良いものは出てこないけれど、この話しに関しては
怒涛の如く湧き上がってくる。1年スパンで結果を出します。

そんな時に携帯が鳴って、新規開拓中の某社よりプレゼン依頼が来て
しまった。。。またまた地獄の作業の始まりかよ。勝てば官軍、負ければ地獄。
これがこの業界の定め。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-26 18:34 | ダイアリー

2つの山


昼は近所のD&DEPARTMENTでカフェ飯。
そして、リハビリをかねてちょっとだけジムへ行った。
1週間全く運動してなかったのに体重が変わって無かった。定着したってことか。
途中、目の前を通るだけに避けられない名パティシエ辻口氏のロール屋
思わず自由が丘ロールケーキを購入。これだから痩せられない。極めて真っ当な味。
帰宅途中、電話が入る。恐ろしい。

昨晩、大きな同業他社に勤める某君から連絡が入って、

「お願いしたいと思うんですが・・・。」

と切り出される。この言葉だけ聞くと全てが理解できる。

この昨晩の電話の続きが話された。
で、急遽会うことになったが150日免停中ということで、数年ぶりに電車に乗ると言う。
単なるリーマンにも関わらず、彼は車というビークルを手に入れてから、飛行機か
車以外乗ったことが無い。全くぼんぼんではないんだけどね。
家の近所まで電車で来るということで、路線を言うと

「あの~、さっき路線図見たら『東京メトロ』っていうのがあったんですけど、
なんですか?それ。」と言って来る始末。たぶん本気。

そんなこんなで、近所まで着いたということで汚いカッコして迎えに行った。

そして、極めて真っ当ではない不味い中華屋へご招待。

誤った道に進みつつあった彼を真っ当な路へ針路変更させたと自負できる
唯一な男が彼なのだが、既に数年間行動をともにするが今だゴールは遠い。

人が右を向いて行動している時に、左へ進むべきだという逆張りを
レクチャーし二人で汗流して活動してきた。それなりに見えてきているが、
最終の出口たる対象だけは今だ見つからない。
現代版トレジャーハンティングの極み。

事業をするなら、無限の広がりのあるものにすべきという、最も尊敬する
方からのお言葉を信じ、今年も疑問を持たず進めて行こう。
そして、今年中にはかたをつけよう。来年には事業を終了させる。

たぶん傍から我々の会話を知らぬ人が聞いたら間違い無く頭がおかしいと
思うことだろう。馬鹿げたことに聞こえることだろう。
そう周囲から感じられるからこそ、商売敵が出てこなくて良い。
今年は2月と7月が激熱。

ちなみに、今病院行ってきて血液検査の結果を貰ったのですが、超健康体
という判定。とりあえずまだ生きられそうです。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-24 11:56 | ダイアリー

やはり人体は不思議だった


なんか、ここ1週間、心がおかしい。理由はわからないようでわかる感じだが・・・。

ほんと俺は学習能力が無い人間だ。
同じ間違いを何度も繰返してしまう。わかっちゃいるけど、どうしようも無い。
と、こんなこと書いていると、語るに落ちそうなのでやめとこう。

気分を変えて、会社のそばの東京国際フォーラムに行った。
すげ~、前から気になっていた人体の不思議展を見るために。何度行こうとしたことか。

既に、述べ100万人以上が見ているというイベントだけに見ざるを得ない。
というか単純に興味がある。会期がどんどん延長されている。
老人系が多いかと思いきや、若年層~壮年層が厚めだった。カップルも多い。

人体は確かに不思議だった。人間はか弱いということが感じ取られた。
単純に何故動物は生きているかという魂の存在を考えさせられる。
昨年見た21グラムという映画で、「人は死ぬと21g軽くなる」と言っていた
ことが思い出された。やはり人体は不思議だ。

同時に、とにかくなんかここ1週間、心が変だ。久しぶりの感覚。これまた不思議だ。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-21 17:49 | エンターテインメント

either below the line or above the line


そう言えば、昨日は昼過ぎには会社に出社していました。
さすがにこんな状態だし、もともと休みを取ることにうるさく言う
会社ではないので、病院に着いてから会社に電話したんです。

「部長、ちょっと事が事なんで今日、お休み頂いていいですか?
いいっすよね?」

と、軽めのノリで電話したら、

「●●(僕の名字)、ちょっとくらい来いよ~。お前来ないと盛り
上がらないんだからさ~。お前の顔が見たい。お前の声が聞きたい」

と、かなり軽めのノリで対応をされたんです。
心配する風情も一切無く。そもそも盛り上げようなんて思ってなくて、
自分が楽しいノリで仕事したいから笑いを狙ってるだけなのに。

「いや~、そうは言ってもですね~。僕、、今たぶん100m歩く
の3分くらいかかりますよ。営業って歩くのも仕事じゃないですか。
今日ゆっくり休めば多少明日良くなってると思うんですよ。
その前に、今時、家にいたって電話とメールで1日なら乗り切れますよ。
だから休みOKですよね?」

すると、

「じゃあ、あとでな!ガチャ。ツ~ツ~ツ~」

記憶を辿って書いてはいますが、ほぼこんな内容の会話がなされて
12時には会社にいたんですよ。

で、早退しようと思ったけど7時半くらいまで会社でしこしこメール&
電話業務をしてました。

そんで、会社を出て昨年の日記でオープニングレセプションに参加した
と書いた外苑の旧mauveが早くも名前を変えたMisson Lounge
で行われるモバイル業界の集い、体育会系モバ部へ参加したんです。
もう3回目の参加か。
今回は、なにやら250名くらい参加する感じで、確かにML上の参加者
リストもどんどん目に見える形で増えて行っていました。
NTTドコモのドコモブラザースも幹事団ということで彼らに会うためだけに
参加してきたんです。

この会の凄いところは、集客力とかではなく、
「体育会系」と銘打っているのに、ぜんぜん体育会系でないところに
僕は注目してるんです。どちらかと言うと、文科系的な香りがするのに
体育会系。これは凄いことです。

僕が考案したマッピング理論で言えば、明らかに


below the line
(ビ ロ ー ザ ラ イ ン)


に位置する人たちが多かったのです。

マッピングとは、縦軸と横軸からなるポジショニングマップのことで、
恋愛における男性の位置付けです。

今回の人たちはビローザライン、すなわち、メインフレームにいない
人たちを言います。実際のもてるもてないという概念は関係なく、
客観的な視点に立って、つまりは女性視点に立った時の第一印象
ベースでの判断です。

above the line(アバブザライン)は本流で殊、外見とか雰囲気
オーラ感の要素でフェロモンのある男性。

つまり、横軸の線があった時に線の上にいるか、下にいるかという
ことを示し、これに縦軸の線が入るとマップが形成されるのです。
縦軸は外見ではなく、付帯要素を示します。つまり、後天的に獲得
した要素です。ここではその内容は割愛しますが。

ちなみに、言わずもがな僕もbelow the lineですが。

そんな感じで、今日は昼に先輩と久々に遠出して築地の
虎杖(いたどり)でバカ上手いランチを食べて小さな幸せを感じている夕方。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-19 17:45 | 恋愛科学

ちょっと小説テイストで。

【1月17日(月)】

昨晩は表参道のICHIZUで2年半ぶりの人と
まずい創作和食を食した。いつ食べても不味い店だ。

その頃から、僕の体に異変が起きていたんだ。

左膝の当たりがうずく。

まだ、その頃はうずく程度だからさほど気にならなかった。

割と短い時間で終了したので、表参道駅の階段を降りる。
すると、さらに膝が痛み出した。
脚を普通に前後に動かせない状態だ。完全に脚を引きずらざるを
得ない。

そう。
思い起こせば、先週金曜日。
僕は、先輩と某食品会社の商品部の方と打ち合わせをしていたんだ。
恙無く、商談をし終え立ち上がろうとした瞬間、目の前にあるテーブル
の角へ、膝を強打、痛打。
思わずクライアントの前で、「い、いっつあ~」と叫んでいたのだ。
痛みは暫く引かなかったが、徐々に沈静化して行ったんだ。
全くもって普通に歩くことができたし。

だから、金曜も土曜も日曜も仕事的にも全く支障がなかったし、
プライベートでも普通に車を運転し、人とも会えていた。
土日に関しては、1日ランニング10km、水泳1.5kmという
自分に課したノルマも普通にこなせた。脚の痛さは微塵もなかった。
会った人も健康体に見えたことだろう。僕自身、自分の異変に気付いて
いなかったのだから。

話しは戻るが、そんな状態の中、表参道から電車に乗って帰途についた。
最寄の駅についたころにはさらに悪化し、大また開きでないと歩けない。
左足の膝関節を曲げると重い激痛が走る。歩いている間に日付は変わる。

【1月18日(火)】

家に着いて、強引に風呂に入ってベッドの上に横たわった。
極々最近、心の中に起きた異変のことをぼ~っと考えながら眠りにつこう
とする。1時間、2時間たっても脚が痛くて眠れない。
仕方ないので、最後には諦めテレビを見て朝まで過ごすことにした。

CX(フジ)のめざニューとか、EX(テレ朝)の知らない番組とかを見て
いると、普段絶対に見ない占いコーナーを見たんだ。
どちらの番組でも、12星座の中で、当日の最強の運気と最悪の運気
の星座の発表を最後に残していた。
僕は、信じていないながらも最悪であろうと思って見ていたが、
あにはからんや、どちらも僕の星座の牡牛座は一番運が良いと出た。
この僕の最悪な状況からして、占い=インチキと感じるには充分な
結果だった。
冷静さを失っていなかったのは、芸能ニュースで樹木希林が乳癌
で片胸の全摘をしたという報道を見て、

樹木希林→娘のやえこ→旦那はモックン→ドラマ医師
→乳癌患者の診断

という流れを一瞬で感じたことからわかった。

僕の体は一向に快方の気配もなく、むなしく時は過ぎていく。
あまりの状況で、救急病院に駆け込もうとおも思ったがモチベーションが
上がらない。
モチベーションがアップしない理由は結果を聞くのが怖いからに他ならない。

昨年末から、ストイックなまでに肉体改善のための運動及び食事制限
を行ってきた。もしここで、ひびや骨折と診断されたなら、即ギブスで
今までの努力が徒労に終わってしまうやもしれない。
参った。ただ、放置しておいても何ら問題解決にはならないし、さらに悪化
の一途を遂げる可能性がある。
救急病院は止めたが、朝一番で形成外科の診察を受けようと考えた。

今まで、何度か骨折をしてきたが総合病院の場合、専門医不在の場合
2度でまになることがあった。だから、専門医の診断を選んだ。総合病院
で何時間も待つのもばかばかしい。

とはいえ、近所に形成外科はなく、ふと、車で15分くらい行ったところに
ある、「あみの形成外科」が頭に浮かんだ。うちの家と若干の関係がある
が一度も行ったことが無い。トライアルで決定。
電話で荏原無線タクシーを呼び、乗り込もうとするが脚を曲げられない僕
は、運転手さんに手伝ってもらわざるを得ない。乗るまでに2~3分かかった。
乗車中、運転手の世間話が重い。自分が骨折した時の話しをとうとうと
聞かされる。脚に埋め込まるボルトの話しは生生しい。

着くとすぐに診断を受ける。今日から風呂にも入れないと覚悟を決めた。
おもむろに、患部を診察する院長。痛がる僕。その光景を笑う看護婦。
3人のバランスが絶妙だ。絶頂期の少年隊のように。バランスが取れて
ないようで取れている。一人抜けると違和感がある。そんな関係性。

触診する限り、院長は折れていないと主張する。
僕は、過去にひびが入ってないと診断された結果を、覆したことがある。
細かなひびは見落としがちなのをその経験から知っている。
触診の後は、レントゲン。台に乗るのも一苦労だ。

結果は、白。
極度の打ち身で、痛みと症状は骨折やひびと同じだと言う。
ただ、しばらく安静が必要だそうだ。
松葉杖が無いと歩けない状況ではあるが、長引かないことがわかり
安堵で一杯だ。

a0011652_17111017.jpg


まじ、嬉しい。これからもよろしくお願いします。
仲良くしてくださいね、皆様。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-18 17:11 | ダイアリー

真面目に急募


見つかりました!ご協力有難うございました。

本日2発目の投稿になりますが、真面目なお仕事ネタです。
下記の人を紹介してください。

【内容】
法人相手のお仕事。
某東証1部上場企業からの依頼で、学生でも全く構わないので
商品紹介用のVP(映像です)を作れる人を紹介して欲しいと言われ
ております。
つまるところ、僕が担当する企業様なのですが、法人に仕事を振ると
予算が見合わないので、個人でもOKと言われております。
ハンディカムレベルのビデオカメラを所有し、かつ、PCで完結する
レベルで良いので編集までできる人。
ナレーションと音源などは権利関係があるので、難易度高いですが
・・・。音とか自分で作れたら最高です。著作権フリーにしてもらって。
総尺(映像の長さ)は5分程度。

いますかね?バイト代!?は10万程度
結構割の良い仕事だと思うのですが。
ご友人等でいらっしゃいませんかねえ?

個人的にも、CM制作会社へ頼んで、安価でできる人を探している
のですが、なかなか見つからず困ってます。
ASAPでの募集です。

いた場合は、
osaki_kotaro@yahoo.co.jpまでメール貰えるように宜しくどうぞ。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-17 16:40 | ビジネス

焼き肉と友


深々と冷え込む中、久々に朝早く起きた。
仕事だから仕方ない。
よく街でやってる街頭で「調査に協力してください!」っておばちゃんが
近づいてくるやつです。
僕がその役目をやるわけじゃないけどね。
クライアント様もお越しになっていただいた。
あるブランドの新製品を開発するに当たり、そのコンセプトのがどこまで
受容されるものであるかをリサーチ。
その調査だけでは導入部分しかわからないので、これからかなり大変
そうな予感。でもブランドのローンチングに携われるのは極めて光栄な
ので楽しい。
新宿で実施。寒い雨の中だけに、人が上手くリクルートできるかどうか
疑問だったが、相当獲得できた。
調査表見るのはマジで楽しい。思わぬアイデアが出てくることが間々あ
るから。
という感じで立ち合っていたら、思いのほか早く終わってしまい、
そのままジムへ。
体脂肪率が17%くらいでまだまだ。なんとかアスリートレベルの15%
切りを目指したい。ここからが厳しいんだろうな。
ちなみに、男性の場合は15~25%が普通らしい。
女性の場合は20~30%とのこと。

そうそう、博報堂DYホールディングズが2月中旬に上場決定。
いくらの株価が付くのだろうか。

そして、ついにこの時が来てしまった・・・。
かなりびびっていた事態が。
我慢に我慢を重ねていたが、この禁断の果実を食べることには相当の勇気
が必要だ。

触感、ほとばしる肉汁。魅惑的な焼き音、激しい煙と匂い。

ついに焼き肉を食べる日が来た。

そう、昨年の3月末に知り合って仲良くさせてもらっていた某氏。
その彼が昨年興した会社を年明けすぐに売却した。もともと彼はリーマンブラザース
とUBSの投資銀行部門でM&Aをしていた。
昨年からあるインターネットサービスを立ち上げていて、意気投合したこともあり、
アドバイザリーボードを作ろう!と僕は提案したのだ。
そうして無償での協力としてのボードメンバー設立した。

数度の会合がなされ、少ない脳みそを使いながらどうやって食っていくかと
いう提案も個人としてしていた。

彼は考え抜いた結果、事業の売却をすることにし、とあるVCに全株を売ったのだ。

その結果、晴れてこのアドバイザリーボードは解散となり、その散会式兼、
関わったスタッフを集め、大盤振る舞いをしてくれることになった。
彼が設定したのが、麻布十番の第一神宮。故に、焼き肉を喰らうことになったのだ。
体型を気にしながら、押さえて食べたけど、やはり上手いものをたまに食べるのは
幸せだ。そしてそこには気の置けない仲間がいれば尚のこと上手い。

人生は人それぞれで、本人がどう生きたくて、その本能に従って生きているの
であれば、何をしても、また逆に何もしなくてもOKだと思う。

自分と関係のある人間には皆、幸せになって欲しい。客観的な幸せではなく、
主観的な幸せを感じて欲しい。

そして、誰よりも幸せを希求している僕も、もっともっと幸せを感じたい。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-17 11:15 | エンターテインメント

ここ2日


【1月14日(金)】

夜、三井物産の奴と将来のプロジェクトミーティング。

恵比寿の「たこ」。お好み焼ともんじゃの店で決して本場感
はないけどコストパー高し。

家帰ったら、WBSでメーカーの販売奨励金制度廃止について
やってた。

ビールメーカー各社が第三のビールを出すにあたり、販売奨励金、
すなわち小売店に渡すリベートを廃止することになる。
これが無いと小売店は大半がつぶれるんです。それを穴埋めするには
1ケースあたり売価を200~300円アップしないとならない。
結果的にメーカーは損をしそうな気がする。店で売れなくったら跳ね返って
くるに決まっている。
既に2002年度時点で、ビール消費量は数10%の販売ダウンとなっている
わけだが、輪をかけてダメージを受ける気がする。
各社ともマーケティングコストに莫大なお金をかけてきているだけに、ある程度
の読みがあるだろうが社内で反対する勢力も多いことだろう。
携帯電話でも同様のことがあり、「0円販売」を続ける小売店が成り立つ理由は
販売奨励金をキャリアから受けている。1台辺り3万数千円前後が相場か。
つまり売れなくても売り上げは確立している。
スタート時点でマイナスが確定していても、通話料とパケ代で取り返す構図。
小売店に関してはさらに売る事ができれば商品をまた仕入れることができ、
奨励金を加算できる。
光通信は、その奨励金と通話料の一部を受け取る契約で成長した。
HITショップは結局ドコモを扱うことができなかってけど。
韓国では、携帯電話業界で既にリベートが廃止されていて、電話の端末料金
は6倍に跳ね返ったという。日本は恐くてまだ出来ていない。
今後のリベート動向が楽しみ。

【1月15日(土)】

昼間はジム。体重が落ちづらくなってきた。
だから水泳を1.5KM加えた。喫煙がたたってか疲れやすい。
でも、水泳を泳いだ後の10kmのランニングは全く疲れなくった。
このままなら、サスケに出られるかも。
ただ水泳は小学校6年間、東急多摩川スイミングスクールに通って
て一番上のクラスまで当時は行ったのに、今は泳ぎの形が悪くなって
ることが異常に悔しい。負けない!
夕方は学生のOB訪問を受ける。
意外や意外、久々に相当の可能性を秘めた人材だった。
なんといっても過去の経験と、考える前に実行してしまうその性格が
気に入った。マジおもしろいのでマブダチ登録。
愛飲する飲み物が、21歳の若さで「ヘルシア」だったからヘルシアという
あだなをつけた。
学生時代から今もたまに就職予備校みたいなとこを手伝ってい相当
多くの学生を見てきた。数百名規模で。その中で、会った瞬間にこいつ
スゲーと思ったのは過去2人。当然、第一志望に通った。
それ以来かもしれない。
正直かなりやられた感があり、久々に年齢ということの意味の無さを痛切に
感じさせられた。大物の予感。負けないように頑張らねば。
と、同時になんとかやりたいことを実現させるために応援したい。
[PR]
by osaki_kotaro | 2005-01-16 15:17 | ダイアリー